プロフィール
かんくん
かんくん
宝石商のかんくんです。

ランナーです。趣味は旅行、一番やりたいこと:飛騨高山ウルトラマラソン100k
性格:天然、せっかち
ジュエリーマーノ

茨城県桜川市岩瀬113-3

℡0120-678-312

10時~19時

定休日水曜日

車で笠間、下館から20分、つくばから60分ほどです。桜川ICより5分

ご来店お待ちしております。                           
地図はコチラより


ブログ記事一覧を見る

写真の一覧を見る

地図を見る

タグでの区分けを見る


Kazunari Tanaka

バナーを作成
口コミグルメサイト[食べログ]
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

☆ブログメニュー☆

トップ アルバム マーノウェブ タグ 記事一覧

2009年11月03日

一昔 東京は新潟より田舎!?

先日地方分権についての番組をみていたら、
日本の人口の都道府県推移でビックリしたことがありました。びっくり

明治時代の前半は東京より新潟県のほうが人口は多かったでのです。
また神奈川県は茨城県より人口は少なく、
南関東地方は北関東地方の影に隠れた存在だったのかもしれません。


つい100年以上昔は米所に人口が張り付いており、当時の日本国政府が意図した(必要とした)
産業構造の変化(工業化)と中央集権化(東京集中化)が日本の人口動向に大きく影響を及ぼしたようです。




1888年全人口3962万人 一位新潟県166万人 四位東京府135万人 14位茨城県99万人16位神奈川県91万人
1920年全人口5596万人 一位東京府369万人 七位新潟県177万人 13位茨城県135万人 15位神奈川県132万人
1970年全人口10446万人一位東京都1140万人三位神奈川県547万人14位新潟県247万人 15位茨城県214万人

では今後50年後100年後はどうなるのでしょうか?
人口減少と高齢化は全国均一に進行するものではなく過疎地域ほど過激に進行します。
新たな産業が生まれないと人口の50%は高齢者という恐ろしい時代がくるかもしれません。

首都圏以外の地方の明るい未来は明治以来の中央集権化の決別した
地方分権化(独立した)とその産業の育成(特産ブランド化)にかかってきます。
魅力ある地方と産業には人が集まります。
日本だけでなく東アジア(ベトナム、ミャンマー等々)からも魅力ある人材が集まることでしょう。。。
ジュエリーの業界もそういえば香港のデザイナーや韓国のクラフトマン、ミャンマーのバイヤーが日本で活躍しています。

んーみなさんどう思われます???汗

参考
以下四国の星さんより


同じカテゴリー(生涯学習~)の記事画像
ラジオ体操in山王神社
ゴールデンウィークは東北へ
テンペスト
湊かなえ
ピアノ音楽祭
夏休みの課題のお手伝い♪ 科学の芽
同じカテゴリー(生涯学習~)の記事
 ラジオ体操in山王神社 (2013-08-30 09:23)
 ゴールデンウィークは東北へ (2013-04-20 09:18)
 テンペスト (2012-06-24 08:36)
 湊かなえ (2012-06-19 15:15)
 ピアノ音楽祭 (2011-11-23 18:12)
 苦手なこと (2011-10-12 17:05)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。