プロフィール
かんくん
かんくん
宝石商のかんくんです。

ランナーです。趣味は旅行、一番やりたいこと:飛騨高山ウルトラマラソン100k
性格:天然、せっかち
ジュエリーマーノ

茨城県桜川市岩瀬113-3

℡0120-678-312

10時~19時

定休日水曜日

車で笠間、下館から20分、つくばから60分ほどです。桜川ICより5分

ご来店お待ちしております。                           
地図はコチラより


ブログ記事一覧を見る

写真の一覧を見る

地図を見る

タグでの区分けを見る


Kazunari Tanaka

バナーを作成
口コミグルメサイト[食べログ]
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

☆ブログメニュー☆

トップ アルバム マーノウェブ タグ 記事一覧

2008年07月23日

常総学院かろうじて勝つ

出る投手皆が土浦湖北打線につかまり14 安打を打たれた。

辛うじて島田くん等の活躍でサヨナラ勝ち。明日は頼むよ







木内野球について
木内マジックをウィペデイアでは特に面白く分析していた【指導方針】をご紹介します。



選手の能力を鍛えて伸ばすという面では他の「名将」ほど優れた指導者ではないことも確かである。

常総学院の指導でプロに入ったのは6人(島田、仁志、金子、大崎、横川、坂)だが、そのうち3人は野球センスの高さを持ち味とする遊撃手である。

このことは木内の縦横無尽の采配に対応できる俊敏で器用な選手がもっぱら重宝されてきたことを意味している。

木内は実戦的な選手を好んだため、剛速球を投げる投手や一発を狙えるパワーヒッターを我慢強く使い続けることはせず、新チームを組んだ段階では4番とエースだった選手が、次の夏にはベンチを暖めていることも多かった。

中心選手でもその日の調子が悪いと途中で引っ込めることも少なくない。

全体練習の時間が短いことは有名で、一定の能力のある選手には技術面での具体的な指導はほとんど行わないなど、個々人の選手の能力向上にはあまり関心がなかった。

上下関係や礼儀作法に関してもほとんど厳しくない。



そういえば阪神で活躍した島田選手の息子である島田君も、背番号4番のセカンドだった。



戦術野球の名手

高校野球において上甲正典、高嶋仁、蔦文也、中村順司、尾藤公、馬淵史郎、渡辺元智、前田三夫、阪口慶三らと並ぶ「名将」と呼ばれている。しかし、他の「名将」が例外なく猛練習で選手を鍛え上げ、その力で相手をねじ伏せていくことを目標しているのに対して、木内は選手が自分の采配を理解してついていけるような状況判断やサインプレーなど、いわゆる「野球の頭」を鍛えることを重点に置く。この点で木内は高校野球の監督として非常に異質であり、戦術の妙や試合の流れを読む能力という面では、プロ・アマを含めた野球界でもトップクラスとされる。プロで活躍した吉田や仁志も、「木内監督以上に野球を知っている人はいない」という趣旨の発言をしている。見た目は豪快で無作法なキャラクターだが、野球に対しては非常に緻密で繊細であることは多くの関係者が証言している。








同じカテゴリー(がんばれ茨城出身)の記事画像
泣くな 常総!
同じカテゴリー(がんばれ茨城出身)の記事
 泣くな 常総! (2010-07-24 07:26)
 家庭教育学級の開級式 (2008-06-05 16:12)
 稀勢の里勝つ! (2008-01-20 07:28)
 中央大学野球部エース☆美馬投手 (2008-01-05 17:41)
 井川VS清原?! (2008-01-05 17:09)
 井川慶 踏ん張れるか? (2007-07-07 08:21)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。